FC2ブログ

国替え始末記Ⅲ

猫達を新お館国の私の部屋に閉じ込めてからのお話

心配な要素は沢山あったけれど
この日は私自身もとても疲れていたので
酒を煽って早々に休もうと思い
猫達がいる部屋のドアをそっと開けてみました

すると
きっと王子は理解できない仕打ちに対する怒りより
寂しさが勝ったのでしょう

私の足元に擦り寄ってきてくれました

でもびスコの姿はどこにも無い

きっとベッドの下に潜り込んでいるのでしょう

ぶしつけに覗き込んだり
無理矢理引っ張り出したりすることもはばかられたので
足元にからみつく王子をけん制しつつ夜具に着替えて
ベッドに潜り込みましたよ

王子もすぐに私の足元に陣取り
寝る体勢に入ったので私もすぐにうつらうつら…

ところが

ふと気が付くと
私の肩の辺りにうごめく物体が

びスコがベッドの下から這い出てきて
私の布団の中に潜り込もうとしているところでした

びスコの小さな体から伝わる温もりを感じつつ
疲れていたけれど嬉しくて結局眠ることが出来なかった

翌日はびスコの機嫌も少しは良くなったかなと楽観的に考えていましたが
再びベッドの下に隠れて全く食事をせず

普段は食い意地の張った王子も
食事を目の前にウロウロするばかりで食べようとしないので
仕方なく昔のように体をさすってあげたら
半分くらい食べてくれた

その日はそんな状態で終了

引越し2日目は
部屋のドアを少しだけ開けた状態で
私はさっさと一階に降りて片付け作業開始

しばらくすると微かに鈴の音が聞こえてきた
きっと好奇心に駆られて王子が出てきたに違いない

でもしらんぷりを決め込もう

そしていつの間にか王子がリビングを探検していた
10473.jpg
リビング探検から半日後にはこの状態↑




びスコがリビングに下りてくるには更に半日という時間が必要だった
10474.jpg
しかも私のオケツの匂いが染み付いた椅子に釘付け

ゴハンはカリカリを一粒だけ食べてくれた



その翌日は不機嫌な表情ながらも
ダンボールに乗ってみたりして
10475.jpg
いい傾向だ
ゴハンも半分くらい食べてくれた



そのまた翌日
随分リラックスできるようになった
10476.jpg
何か物音がすると
すぐに私の部屋のベッドの下に逃げ込むけれど
焦らず気長に馴染んでもらうように頑張ります

どうか以前のように
何をされても無抵抗のびスコさんに戻りますように



今回のお家騒動で分かったこと

猫が本気で抵抗すると
人間はなす術がないのだということ


長々とお付き合いありがとうございました




***

リンク&コメントをくださった皆さんのブログには毎日巡回していますが
なかなかコメントを残すことができなくてゴメンナサイね



ランキングに参加しています↓↓↓
ポチってみて!
↑↑↑↑↑
応援していただけると激しく励みになります♪


スポンサーサイト



ジャンル : ペット

テーマ : 猫のいる生活

| TOP |

プロフィール

王子
 名前:王子(おうじ)
 アメリカンショートヘア(♂)
 18(2006).7.16生まれ
  かに座の戌年
 18(2006).9.17から家族



びスコ
 名前:びスコ
 スコティッシュフォールド(♂)
 19(2007).3.20生まれ
  うお座の亥年
 19(2007).4.28から家族


  Author:お館

ランキングに参加してます

クリックで応援してくださる方
ほとんどいません♪

人気ブログランキング
貴方に幸あれ
↑↑クリック↑↑

fc2ranking
ありがと♪
↑↑クリック↑↑

*****

第3代モンプチオフィシャルキャットインタビュー びスコが
第3代エスパスモンプチ公認オフィシャルキャットに選ばれました!


*****


↓↓↓↓
猫親戚探し
↑↑↑↑
王子とびスコの親戚さん
いらっしゃいますか?


GANREF


カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お知らせ

当サイトはリンクフリーです。
記事の内容にそぐわないコメントは管理人の独断と偏見で一方的に削除します。
画像の無断転載は個人で楽しむ以外はご遠慮ください。

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ